Home > お助け隊のサービス > お家お助け隊

新事業! お家お助け隊

お庭の周りだけでなく、家の中のお片付けもお助けします!粗大ごみの片付けや、どこから手を付けてよいか分からないくらい物が増えてしまったゴミ屋敷の片付け、引越しのお手伝いなど、とにかく家の中の片付けもおまかせください!!

  
家の解体

家屋を解体するとき、皆さんはどのように業者を選びますか?家の解体は解体業の免許を持つ専門業者に依頼しなくてはならないのですが、解体業者はホームページを持っていないことが多く、どんな会社かを情報収集することはなかなか難しいです。
そこで、お家お助け隊は信頼のおける優良業者と提携し、家の解体も請け負っています。
放置されている空き家が近年問題になってきております。低コストで安心できるサービスを提供いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

業者選びに重要な「マニフェスト」

マニフェストとは産業廃棄物の排出事業者がその運搬及び処理を他業者に委託する際、その過程を最終処理まで記録するシステムです。これによって廃棄物が中間業者、最終処分業者へという流れを把握することができ、各段階で各業者から押印(受付日・事業者・担当者)されるので、委託したように廃棄物が処理されている事を確認できます。
解体業者の中にはこのマニフェストを提出しないところや不正したり、存在を知らなかったりする業者もあるので、マニフェストを確認することが信頼のおける業者かどうかの基準となります。

解体Q&A

◆解体費用が大体いくら位かかるか教えてもらえますか?
はい。解体物件の概要をヒアリングし、過去の実績等を鑑みて概算でのお見積もりをお伝えさせていただきます。ただ、あくまでも「概算」ですので、解体工事をある程度具体的にお考えのようでしたら、きちんと現場を確認し、正確な責任あるお見積もりを出させていただきます。

◆見積りについて相談できますか?
はい、もちろん可能です。現地で確認しながらより細かな見積もりにも対応いたします。ご質問や不安に思うことなどがありましたら、まずはご相談ください。

◆解体工事前に何をしておけばいいですか?
主に下記のような事項になります。
・ 電気の停止、撤去
・ 電気手配の連絡一覧
・ ガスの停止、撤去
・ トイレの汲み取り
・ 有線やCATVなどのアンテナの移設・撤去
・ 家財道具、不用品の片付け
・ 水道の移設
(特に水道は工事中にホコリを防ぐためにお借りして使うことになりますので完全に撤去しないでください)

◆不用品がまだ残っているのですが・・・
弊社は不用品回収、ゴミの片付けなども行っておりますので、ご依頼いただければまとめて作業することが可能です。

◆庭木、庭石、池などの処分や解体も可能ですか?
もちろん可能です。お家お助け隊とは別にお庭周りも専門に扱っている部門があるので、廃棄処分だけでなく、他への流用など要望があればご相談ください。

◆近隣の挨拶はした方がいいのでしょうか?
はい、もちろん弊社でもご近所には挨拶まわりをしますが、業者が万全の注意を払い作業しても音やホコリなどが飛んでしまうことがありますので、できればご自身でもきちんと挨拶しておきましょう。万が一何かあった場合、弊社の責に帰すべき事故にはもちろん対処しますが、近隣のご家族とあとあと感情的な問題にならないように常識的なご挨拶はしておいたほうがいいでしょう。

◆隣接道路幅が狭いのですが・・・解体工事に影響はありますか?
解体重機やダンプが入れずに手壊し、手運び(小運搬)となると解体料金が上がるのは避けられません。その場合、使用できる道、近隣駐車場などあらゆる方法から安価で最適な作業方法を検討することが必要です。2t車が入るのか、4t車が入るのかによって料金に差がでてきます。
解体物件によっては先に建物の一部や塀を壊して作業車両の駐車スペースを確保する方法や交通量の多い場所での工事には警察関係に道路占有使用許可の申請をしたり、ガードマンを配置して、通行人や近隣に危険のないよう配慮する必要がある現場もあります。

◆お隣と接近しているのですが工事はできますか?
もちろん解体工事は可能です。通常は足場を立てて、近隣にご迷惑がかからないよう養生をしますが、それが難しい場合は、上から養生シートを垂らすなどの方法で養生をしたり、重機を使わずに手で壊したりします。(人力解体・手壊し)
ただし、その分少し割高になってしまう傾向があります。

サービスの流れ

見積りからアフターフォローまで全体を通してスピーディに対応します。お電話でご依頼頂いたものも、必ず現地にて再度確認致しますので、安心してお任せください。

1.お見積り

まずは実際に現地を見て見積もりをさせていただきます。また、内部に処分品などがある場合は合わせて見積もりいたします。

2.工事前

・近隣挨拶
実際に解体工事が始まると、近隣の皆様には少なからずご迷惑をお掛けすることになりますので、事前に挨拶をしておきます。

・引込配管、配線の撤去の手配
電気…電力会社に電気の停止・電気メーター、引込線の撤去を依頼して下さい。
ガス…都市ガスの場合はガスメーターの閉栓撤去・ガス管の地境切断を依頼して下さい。プロパンガスの場合はガスボンベの撤去依頼をして下さい。
浄化槽・便槽…専門の清掃業者に汚物の清掃を依頼しましょう。
有線やCATV…移設して引込線の撤去を依頼して下さい。
水道の移設…特に工事中にホコリの飛散を防ぐために散水用に使う事が多いので、完全に撤去しないでください。

3.工事中~工事完了まで

解体作業は以下の順に行います。
1.足場養生の組み立て
2.建物内部の解体(内装解体)
3.建物本体の解体
4.廃材の分別・収集・搬出
5.地中の確認
6.整地
7. 工事完了
最後に立ち会いのもと、残存物がないかなど確認します。